<< 「第7回ガンホーオフラインミーティング」応募結果および当選者発表のお知らせ | main | ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その2) >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その1)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「オフラインミーティングのありかた」について
第2回 質問 ラグや不正ツールに関する話だけでなく建設的な話もしていきたいのですが、今後のオフラインミーティングについて、どのように考えていますか?
回答 現状のオフラインミーティングでは、皆さんの不満や意見を直接ぶつけていただけていると認識していますが、本来であればもう少し建設的な楽しい話題をさせていただけるようになるべきだと考えています。また、皆さんの意見を素直に受け止めさせていただく事のできるチャンスは大切なことであると思っていますので、今後も続けていく中でいつかは皆さんからおもしろい意見をいただいたり、それを実施できたらと考えています。

「ガンホー全般」について
第6回 質問 「利用者よりの信用について」過去のオフラインミーティングの席上で、「そんなこと言うからガンホーは信用されないんですよ!」と利用者に発言される一幕がありました。 過去より幾度と無く不正対策を行っても、一向に減らないBOTを見て、利用者は貴社のことを信用できると思うかどうか、お答えください。
回答 不正ツール使用キャラクターへの取り締まり状況や不具合の発生など、ユーザーの皆様の信頼を損なう結果となる事象も発生しており、すべてのユーザーの皆様にご信頼いただけている状態ではないことは、十分認識いたしております。 また、一度失ったユーザーの皆様から弊社への信頼については、一朝一夕で回復できるものではないと考えております。 弊社としては、不正ツール使用キャラクターへの取り締まりのみではなく、WEBヘルプデスクへの返答、告知でのご案内など、一歩ずつ着実に、信頼を回復してまいりたいと考えております。
第6回 質問 ■「利用者が、現状の運営に満足していると思うかどうか」利用者より断続的に運営に対する抗議活動が行われており、不満の意思が示されています。 貴社は、利用者が現状の運営についてどのように考えているとお思いですか。満足してゲームを利用していると考えていらっしゃるのでしょうか。お答えください。 
■「利用者の満足度を上げるべく、今後とも取り組みを継続していくか」? 不正ツールやチート、リアルマネートレードといった問題から、ゲームにパッチを適用する際のバグ、新要素追加時のバグ等、新要素の導入頻度や仕様上の問題等、利用者が不満に思っている点は多岐に渡ります。 貴社においては、今後とも利用者の満足度を上げるべく、取り組みを行っていかれるかどうか、お答えください。  
回答 弊社といたしましては、現在のサービスに対し全てのユーザーの皆様に満足いただけているとは考えておりません。 ご指摘いただいた抗議活動はもちろんのこと、ユーザーの皆様よりいただくご意見などにおいて、不正対策について多数ご指摘を頂戴していることからも、ユーザーの皆様が現状のサービス、特に不正対策について大きな不満を抱いていることは認識しております。 弊社では、開発元との連携をさらに強化して、不正ツール、RMTをはじめとした不正対策の強化、不具合に関してのチェックの強化、不具合対応の迅速化などに積極的に取り組んでいき、皆様にご満足いただけるサービスの提供に努めてまいります。

「戸枝事件」について
第6回 質問 「元職員による弊社への不正アクセス問題における対応状況について」の項目が公式サイト上の最下段で見にくい場所に移動したのは事件を風化させたいのでは?との声も多数上がっています。 戸枝氏が執行猶予を終え社会復帰し、公式上で謝罪文を掲載するまで見える位置に置くべきではないでしょうか。 また、現在でも社員が不正行為に加担しない様に取り組みを行っているのか活動内容も含めてお答え下さい。
回答 公式サイトのレイアウトに関しましては、ご指摘いただいておりますような意図は全くございません。 弊社では二度と同様の不祥事を起こさないよう不祥事が発生してしまったことを全役職員が肝に銘じ、社員のアカウントの管理の徹底や、諮問委員会より答申いただきました改善策を現在も継続して行っております。なお、弊社元社員の謝罪文につきましては、現職社員ではないため、公式サイト上での謝罪文を記載させていただくことは予定しておりません。
第6回 質問 戸枝氏に関する民事訴訟に関する情報が一切公開されていないが、その後の進展は有ったのでしょうか。 また、損害賠償金の使い道に関してRMTに関する法整備への働きかけや、オンラインゲーム業界全体に対する働きかけ、ユーザーが安心出来る様なシステム作り等に利用するとの発言が有りましたが、その使用用途についてお答え下さい。
回答 民事訴訟に関しましては、係争中ですので、損害賠償の件も含めて現在ご案内できる事項はございません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 

Trackback URL


Comments

Comment form