<< ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その1) | main | ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その3) >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その2)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「GMコール」について
サミット 質問 ゲームマスターを呼び出す機能(GMコール)は実装されないの?
回答 実装の予定はありません。まず、ラグナロクオンラインというゲームには、設計時点からGMコールが存在しません。オンラインゲームの中にはGMコールを実装しているゲームもあります。 しかしながら、そのほとんどが実際に返答をもらえるまでに順番待ちがあり、かなりの時間を必要とします。また、実際にお話させて頂く際にチャットを利用する為、状況をご説明頂き対応をさせて頂くまでに、さらに時間がかかってしまいます。また、ご報告頂きました現象が再現しないような内容であった場合、ゲームマスターが適切なご返答を返すことができない場合もあるでしょう。以上のように、ラグナロクオンラインではGMコールは充分なサポートの可能な機能ではなく、実装が不要であると考えています。運営チームでは、Webヘルプデスクをご利用頂くことで、適切な担当にて対応ができるよう努めています。
第1回 質問 ゲームマスターキャラクターを各マップの要所要所に配置しないのですか?
回答 2004年前半に試験的に配置を行いましたが、ゲームマスターキャラクターの姿が見える、見えない状態においても結果的に回避策を取られてしまいました。また、ゲームマスターキャラクターに反応して、マップ内でテレポートするキャラクターが多発する状態も見られた為、有効な手段ではないと判断しました。
第1回 質問 24時間のGM(ゲームマスター)コールの実装は考えていますか?
回答 ラグナロクオンラインの構造がGMコールを想定して作られていないため、考えておりません。
第4回 質問 プレイヤーのほうからGMコールができれば安心できるのですが。
回答 ゲームマスターが実際にGMコールを受け取るという方式は、どの程度の作業比率になるかは不明ですが、GMコールの大半がゲームマスター側で個別に対応することができない話題や、WEBヘルプデスクにご投稿をお願いするべき内容となってしまうと思います。その場合、どのようなお答えをするべきなのかという問題が発生し、結果としてGMコールの機能が働かない事態が想定できます。
現時点では不正者対策が、弊社としてが優先的に対応していくべき問題であると考えておりますので、GMコールは今のところ検討を行なっておりません。
第5回 質問 ユーザー側で希望している対策と御社が実施している対策に開きがある気がしますが、どのように思われますでしょうか?
回答 GMコールの実施など、すべてのご要望にお答えさせていただくことは無理だと思いますが、ユーザー様からのご意見を取り入れながらできる範囲で行っていきたいと思います。
第6回 質問 交番のように常時GMが常駐するのはできないものか。 最近BOT露店をユーザーが自主的に排除するために枝使用が盛んになっています。 行き過ぎるとこれは集団リンチにつながるのではないでしょうか。 forsety鯖在住ですが実際先日とあるギルドによるイベントと称しプロンテラで盛大に枝を折り関係ないユーザーまで巻き込む大騒ぎになっておりました。 行き過ぎるユーザーの行為を取り締まること(自動ツールで動いているBOTもユーザーカウントするのだとしたらこれも含めて) 管理会社というのでしたら重点に置かなければいけない課題だと思います。
回答 すべてのワールドにおいて24時間GMキャラクターが常駐するということは、ラグナロクオンラインのユーザー数に対して十分なGMキャラクターの数を用意することが現状では難しく、またゲーム内のすべての事象がGMキャラクターのみで、その場で解決できるとは限りません。そのため、弊社ではWEBヘルプデスクに専用の報告フォームを設け、ユーザーの皆様からのご報告に対して順次対応する方法をとっております。 しかしながら、この方法では対応までに時間を要するなど至らない点もあることから、ご指摘のような状況が発生していることに関しては、誠に深くお詫び申し上げます。弊社では今後ともユーザーの皆様にご満足いただけるゲーム環境を提供できるよう、報告や取締りの方法について検討、改善してまいりたいと考えております。
第6回 質問 「アカウントハッキング時の緊急連絡先の実装について」 アカウントハッキングの被害に遭った際、ゲーム内で被害にあったアイテムと同じ商品を販売している不信な露店を発見しても、報告する術がありません。 緊急対応用のGMコールが無いことは、貴社がアカウントハッキングを擁護しているとの声も聞かれますが、実装予定についてお答えください。
回答 アカウントハッキングについては不正アクセス禁止法に抵触する犯罪となるため、警察機関の捜査によってアカウントハッキングが行われたという事実確認を受けずに弊社でアカウントハッキングであると判断するのは困難です。 しかしながら、警察機関による捜査については時間がかかる場合もあり、ユーザー様のゲームプレイ意欲に大きな影響を与える問題であるため、警察機関による事実確認前の段階での被害アカウントへのゲームデータの復旧や、加害アカウントに対しての措置など対応方法も含めて弊社内において独自のルールを定めることを検討しております。 また、緊急対応用の窓口に関しては、アカウントハッキング以外の報告が寄せられることで、アカウントハッキングについての報告が遅れてしまう可能性もあるため、現在WEBヘルプデスクに設けている専用報告フォームから変更の予定はございません。

Trackback URL


Comments

Comment form