<< ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その2) | main | ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その4) >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その3)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「ユーザによる取り締まり(ユーザーGM)」について
サミット 質問 マナーポイントってよさそうな機能だけど、いつ実装されるの?
回答 マナーポイントの実装は実質的に凍結となっています。
βテスト時より一時的に実装されていた、マナーポイント制ですが、開発当初の実装計画ではポイント利用のいたずら、いやがらせの発生や、それによるゲームシステムの有効性に問題があったため現在、未実装状態になっています。
しかし、マナーポイントで実現しようとしていた機能の一部は利用されています。
ゲームマスターはノーマナープレイヤーやBOTを取り締まる際に、キャラクターにペナルティを発行することができます。一定時間チャットやスキルに使用制限をかけることができるのですが、その際にマナーポイントの機能であった赤いエモーションがキャラクターに付加されます。
普通にプレイしていると目に付く機会はほとんどありませんがマナーポイントシステムの機能の一部は、ワールドの秩序を守るために今も活躍しています。
第1回 質問 ゲーム内のパトロールなどにおいて、ユーザーからボランティアを募る予定はありますか?
回答 現在のラグナロクオンラインのシステムでは、お願いするとしてもゲームマスターの簡易版のような機能を持たせたキャラクターを作ることができないため難しいと思います。
第2回 質問 ユーザー側でも何かアクションをしなければいけないと考えていますが、運営側からユーザーに対しての要望はありますか?
回答 各種ウェブサイトでは噂や憶測が沢山流れており、それについては仕方のないことだと考えています。しかし、それらの情報については本当のことも嘘の事もあると思いますので、皆さん自身が情報は事実なのだろうかと振り返っていただきながら、情報を選択するようにしていただきたいと思います。また、弊社からご案内する情報は確実な情報だけをご案内するようにしており、確定していない情報についてはご案内を行わないようにしております。
第3回 質問 ユーザー自身が取締りを行える状況を整備することはできませんか?
回答 現状のゲームシステムでは難しいと思います。また、ユーザー様から有志を募るという案に対しても、現段階ではユーザー様に対しどのように資格を認定するかなど適切な方法がないかを検討しています。社員であれば弊社で責任を持って管理ができますが、ユーザー様に取締りをお願いする場合には、適格な人物かどうかの判断が難しい状況です。公平性を持って作業する資格があるかの認定、把握するためにはどうしたらいいかなどについて考えている段階です。
弊社では、別の施策として今年からヨーグルティング、サバイバルプロジェクトでナビゲーターを導入し、ゲーム内で活動をしてもらっています。その効果を確認してきましたが、ユーザー様から好評をいただいておりますので、今後どのように活用させていくかを考えてまいります。

「ゲームマスターのゲーム参加」について
サミット 質問 ユーザーのイベントに協力してもらえないの?(公式イベント化や、GMが協力するなど。)
回答 協力したいと思っています。しかし解決すべき問題もあり実現には時間が必要です。
運営チームでは、ユーザーの皆さんの企画するイベントに積極的に協力を行っていきたいと考えています。ラグナロクオンラインはユーザーの皆さんが作り出す物語が、本当のストーリーであるともいえます。
ユーザーの皆さんが企画するイベントはゲームマスターの用意するイベントよりも親密な人達であつまるイベントになったり、そこにゲームマスターが協力することでイベントに花を添えることができるかもしれません。
しかしながら現在の所、実現には解決すべき様々な問題があります。
イベント実施者との企画の連絡はどのように行うか、集客はどのように行うか、アイテムを必要とするイベントではゲームバランスの考慮が必要、ゲームマスターはどこまでイベントに関与するか、など、考えなければならないことは様々です。
是非検討を進めていきたいと思いますが、現段階ではまだご要望にお答えすることはできません。
もうしばらく実施調査に時間が必要だと考えています。
関連するお話になりますが、公式サイトやゲーム内アナウンスでユーザーイベントの告知をご希望されているユーザー様もいらっしゃいました。こちらも検討を進めていきたいと思いますが、上記イベント協力同様、もうしばらく実施調査にお時間を頂きたいと思います。
サミット 質問 ゲームマスターと攻城戦を遊んだりすることはないの?
回答 現在の所、そのような企画はございません。
ギルド攻城戦実装の際に、この件は運営チーム内でも協議いたしました。
グラビティ社でも同様に、攻城戦に参加するべきかどうかの協議はあったそうです。
しかし現在のところ、ギルド砦には限りがあること、プレイを面白くする要素として価値があるかどうか等に疑問があり、ギルド攻城戦にイベントとして参加する意向は一切ありません。
しかしながら、もしも強大なギルドが長期的に多くの砦を占領し続けたりした場合、ギルドアジトをシャッフルするために、参戦することがあるかも...しれません。
その際には、きっと正々堂々と宣戦布告をし、レベルや職業、ステータスを公開したゲームマスター達が砦の奪取にあらわれることでしょう。
(もちろん現在の所、そのような企画の準備はまったくはございません。)
サミット 質問 ゲームマスターともっと遊んだりできないの?
回答 残念ですけど、ゲームマスターはあまり一緒に遊ぶことはできません。
ゲームマスターは運営者でありゲームの中での審判の役割があります。
ユーザーの皆さんと接する際には様々な制約があります。
またゲームマスターが一緒に遊ぶとしても、ワールドの中にいる大勢の皆さんと公平に遊ぶことはできず、一部の方だけにしか楽しんでいただくことはできません。
ゲームマスターがまず考えなければいけないのはゲームの公平性なのです。
その代わり、ゲームマスターは様々な問題を解決するための活動をしながら、皆さんに多数のイベントを企画・開催することによって楽しんでいただけるように、日夜働いています。
間接的にですが、ゲームマスターは日夜皆さんと接しているのです。

Trackback URL


Comments

Comment form