<< ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その7) | main | ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その9) >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その8)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「グラヴィティ社のオフラインミーティング参加」について
第1回 質問 このようなミーティングにグラヴィティ社の担当者を招いてもらうことはできますか?
回答 提案があったということで打診を行ってみます。
第2回 質問 グラヴィティ社にガンホーからの要望は届いているのですか?
回答 弊社からのアプローチは行っており、グラヴィティ社からも日本からの要望は大切にしているというコメントもいただいています。ユーザーの皆様の声に答え切れていないというのは問題であると考えていますが、弊社、グラヴィティ社共にリソースの限界もあるため、解決の為に新しいスタッフを入れたりという事も検討しています。
第5回 質問 オフラインミーティングに、各アトラクションの開発元担当者は出席できないのですか?
回答 全てのコンテンツ開発会社に出席をいただくことは難しいと思いますが、弊社の方からお願いをしてみたいと思います。
第6回 質問 前回の第5回オフラインミーティングのときにグラヴィティ社の方も参加されてはどうかという提案があり、御社も前向きに検討するといった返事をされていたかと思いますが、今回のオフラインミーティングでグラヴィティ社の方に参加は打診されたのでしょうか?
回答 前回のオフラインミーティングの際に、グラヴィティ社の方が参加されたほうが議論も活発になり、日本のユーザー様の声が直接届くことからも非常に良いのではないかとお話をさせていただきました。このことは何度かグラヴィティ社の担当の方にお話させていただきました。しかしながら皆様の声を聞いて開発に反映できるグラヴィティ社の担当の方は、各国へ出張されていることが多く、今回のオフラインミーティングへの出席が困難ということでした。この件に関しては、あらためてお話させていただき、スケジュールが合えば参加いただくことも可能だと考えております。

「処置キャラクター・情報の開示」について
第1回 質問 BOTの取締り状況をユーザー側でも確認できるようにして欲しい。
(不正行為者のキャラクター名やアカウント停止者数の公開など)
回答 キャラクター名の公開については、類似したキャラクター名のお客様に迷惑が掛かる可能性があるため、行う予定はございません。
また、アカウント停止者数については、過去に公開していた時期もありましたが、公開に反対する意見もいただいたことがあるため、公開の仕方について慎重に検討してまいります。
第1回 質問 WEBヘルプデスクからBOT報告を行った本人に、その後の対処結果を開示して欲しい。
回答 仮にご報告いただいたキャラクターを調査して結果的にアカウント停止になった場合でも、アカウント停止という行為は当社と対象のお客様との間で発生する問題であるため、ご報告をいただいたお客様に開示すべきでは無いと考えております。
第1回 質問 ワールド単位でBOT取締り数を公開することはできますか?
回答 1つのワールドで調査を行ったキャラクターに対して最終的に行われるアカウント停止は、キャラクター単位ではなくGungHo-ID単位で行われます。そのため複数のアトラクションIDを利用し、複数のワールドにまたがりBOTを稼動させているケースも見られるので、ワールド単位での正確な数字を抽出することはできないと考えています。

Trackback URL


Comments

Comment form