<< ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その8) | main | ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その10) >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その9)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「Gungho-ID取得時の各種問題」について
第1回 質問 個人情報登録の件で、今までになぜ登録情報確認などを行わなかったのですか?
回答 不正な住所を登録できないようにする仕組みを作ることが当時は難しく、現在、事後チェックを行えるシステム化を進めています。システム側の処理で事前にチェックする準備も進めていますが、現在は事後のチェック体制を強化しています。
第2回 質問 1人のユーザーが、複数のGungHo-IDを登録できる状況を変更して欲しいです。
回答 GungHo-IDの登録では、必ずメールでのやり取りが必要となります。一つのメールアドレスを複数人で利用している場合もありますので、何をもって1人のユーザー様と特定するかは、今後考えていかなくてはならない問題だと考えています。
第2回 質問 虚偽登録について、GungHo-IDの登録が簡単であることが問題なのではないでしょうか?もう少し難しくすることはできませんか?
回答 GungHo-IDの登録については、「簡単だ」という意見もあるほか「難しい」という意見も存在しています。弊社としては、簡単にGungHo-IDを登録していただき、遊んでいただける環境を作る事も大切であると考えています。その上で、お客様の登録情報を確認させていただき、何かあった場合には連絡ができる体制を確立しなくてはいけないと考えています。
第2回 質問 虚偽登録者が存在しているので、郵送確認をして欲しいです。
回答 郵送での一斉本人確認には問題もあります。第三者の情報を利用して登録されている場合、郵送物が第三者に到着することが問題となる部分もあります。道義的な問題もあり、現在はGungHo-ID登録時における郵送での本人確認は行っていません。
第2回 質問 第三者に郵送物が送られた場合、返送や受け取り拒否としてもらえばいいのではないですか?
回答 第三者に郵送物の内容を確認していただいたり、返送手続きの手間が生じますので、弊社のアトラクションを利用いただいている場合にはご協力いただけますが、そうでない場合についても考えなくてはいけない問題です。第三者機関にも相談を行っていますが、個人情報保護法において、自分自身で登録していない人に郵送物が届くこと自体が問題となる可能性もありますので、慎重に検討していきたいと思います。
第2回 質問 郵送で固有のIDを配布すれば、個人を特定したり虚偽情報であるか否かを把握できるのではないですか?
回答 弊社でも現在のままで良いという事ではなく、色々な方法を検討していますが、各方面と相談の上、最良の方法を協議していきます。
第2回 質問 郵送での確認は現状行っていないのですか?
回答 現在はGungHo-ID登録時における郵送確認は行っておりませんが、プレゼントや個別のご案内がある場合に郵送を行っています。また不正ツール使用者への個別での郵送確認は行っており、今後も行う予定があります。
第2回 質問 登録者全員に郵送での本人確認は行わないのですか?
回答 ひとつの案として既に検討していますが、登録情報が正確ではない場合、郵送物が届かない可能性もあるため、実施のタイミングを検討しているところです。現在行っている登録情報調査は最終的に全ての登録を調査するためにも実施しているところです。
第2回 質問 間違った個人情報を持つ会社は、何かあったときに責任を負う必要があるのではないですか?
回答 個人情報取り扱い事業者が持つ個人情報の正確性については努力義務となっています。また、個人情報保護法では、最初に登録いただいた情報は正しい情報であることを前提としています。その中で事業者が必要と判断した際に都度登録情報の確認をお願いしていくようになります。
第2回 質問 個人的な事情により登録情報を偽っている場合にはどうなりますか?
回答 ユーザーの皆様と弊社とのサービス利用契約となりますので、登録情報を偽ることはお止め下さい。個人の事情のいかんに関わらず、弊社の調査にて正しくないと判断した場合には、アカウント停止とさせていただきます。
第2回 質問 登録情報の名前が簡単に変更できますが、このことについてどのように考えていますか?
回答 故意・過失に関わらず、登録修正の変更を希望されるユーザーの皆様に対して、登録情報の変更窓口を設ける必要があるため、現在の形となっています。
第2回 質問 郵送での本人確認について、公式サイトでアンケートを行ってみてはいかがですか?
回答 アンケートを行うことと、対策を実施することは別の問題と捉えています。WEBヘルプデスクからいただく意見については把握しており、早く対応するためにはどうすれば良いかなど手順上の問題もありますので、最良の方法を検討しています。
第4回 質問 GungHo-ID登録情報の制度強化とは何をするのですか?
回答 不正行為者の方が虚偽の情報で多くのGungHo-ID登録をしているという事実は確認できているので、登録情報の精度を上げることが不正対策への近道であると考えています。
現在も定期的なチェックを進めさせていただいてますが、まずは登録情報の定期的なチェックしたうえで、正しい情報を登録していただくのが第一の重点と考えています。
インターネットというのは匿名性のある環境なので、正しい情報を登録してくださいと促すだけでなく、中国からの不正行為者の排除としての対策も踏まえて、GungHo-ID登録の際の手法を、近々に変更します。
第4回 質問 GungHo-ID登録の手順はどのように変更されるのですか?
回答 GungHo-ID登録手順の変更は、画像認証の導入とカットアンドペーストができないようにすることの2点があります。
まず、画像認証についてですが、不正行為者は弊社でアカウント停止にしても、再度新しいアカウントを自動的に作るといった対策をとっています。
これに対抗する仕組みとして、画像認証を導入することにより1件1件手動で入力しなければアカウントを取得できないシステムに変更を行ないます。
画像認証とは、画面に書かれている内容をお客様ご自身に読み取っていただき、手動で入力してもらう仕組みであり、プログラムでは読み取りづらいものを導入し、自動的なアカウント取得を制限していきます。
次に、カットアンドペーストについてですが、現在はGungHo-ID登録時に住所情報を正しく入れないとアカウント停止されるということが、中国からの不正行為者に把握されており、様々なホームページ上に書かれている情報をカットアンドペーストで入力されていました。
これに対し名前、住所、メールアドレス入力欄において、カットアンドペースト操作自体をできない仕組みへとシステムを変更します。
第4回 質問 登録された個人情報について、本人確認の方法などは考えていないのですか?
回答 前回のオフラインミーティングでもご説明させていただきましたが、郵送による登録情報の確認については、例えばご近所のポストを使って対応されるなど、非常に悪質な行為も確認されており、色々な方々に迷惑をかけてしまう可能性があります。
そのため、新しい技術を利用した登録情報の確認方法が必要だと考えています。
個人を特定できるということがまず第一の重要点と考えた場合、最近、普及性が高くなってきており、個人の情報をきちんと明かさないと購入できない携帯電話等を個人特定に利用することを考えています。
例えば、登録の際に携帯電話を途中に介して本人確認をした上で、登録をしていただく仕組みを現在検討しています。
技術的な導入の可能性は確認できていますが、ユーザーの皆様が携帯電話を利用するということに対してどのような考え方をもっているかを、もう少し調べていく必要があると考えた上で導入を検討していきます。
第6回 質問 不正接続への対策について現在実施中の事項もいくつかあると思いますが、これまでに登録された方の登録内容に不備がないかなどの調査は現在行っているのでしょうか?
回答 過去に不正行為を行った方の追跡調査については、登録状況やゲーム内における活動状況も含めて調査を行っております。ただし、ゲーム内の行動に関しては、ある程度ログインしていただかないと具体的な調査はできないため、そういったケースの場合はリスト化をして順次調査を行っています。

Trackback URL


Comments

Comment form