<< ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その13) | main | BotSearch(BOT Tracer/Bot Database登録支援ソフト)の更新について >>

2007.11.06 Tuesday

ラグナロクオンラインサミット〜第6回オフミまでのまとめ(その14)

 こんばんは、さくっちです。

 第7回のオフミにあたり、過去に行われたラグナロクオンラインサミットから第6回ガンホーオフラインミーティングまでの、ユーザーとガンホーとのやりとりについて気になった部分を抜粋・整理しましたので、参考までに掲載します。
 内容・項目についての加除修正等がありましたら、コメントをお寄せ下さい。

 ・ラグナロクオンラインサミット(2003年8月23日)
 ・第1回 ガンホーオフラインミーティング(2004年11月14日)
 ・第2回 ガンホーオフラインミーティング(2005年4月17日)
 ・第3回 ガンホーオフラインミーティング(2005年10月15日)
 ・第4回 ガンホーオフラインミーティング(2006年7月2日)
 ・第5回 ガンホーオフラインミーティング(2006年12月3日)
 ・第6回 ガンホーオフラインミーティング(2007年6月17日)

「不正対策の色々」について
サミット 質問 BOTってなくならないの?
回答 BOTツールを利用する人がいる限り、対策を取り続けていきます。
BOTツールなどの不正ツール使用者をパトロール等で見つけていく以外にも、開発元と協力し、暗号化などの対策をとりつづけています。
BOTには国際的に連携しあった開発団体があり、水面下で開発・運営元の用意した対策に様々な解析を行い、次々と対策を突破してきています。
またそれを面白おかしく使ってみたり、様々に手を加え、利用した本人にも被害を与えるような仕組を組み入れる愉快犯も存在しています。
不正なツールを使用することを考える方々がいる限り、不正ツール使用者との「いたちごっこ」に終わりはありません。我々開発・運営元は協力して対策をとり続け、不正ツールの根絶を目指しています。
日本での法的対応に関しても、今後見識者と相談をしながら、検討をすすめていきます。
第2回 質問 不正ツール使用者に対しての法的な対応は進めていますか?
回答 不正ツールについての法的な対応も進めています。多様な角度から不正ツール使用者や販売している方に対して、どういった形であれば法的措置を行えるかを弁護士と慎重に検討しています。現在はどの法律が一番近いものとなるのかなどを探っている段階にあります。
第4回 質問 不正行為ができない環境を作っていくことが必要だと思いますが、どのような対策を考えていますか?
回答 グラヴィティ社との協議の中で、「短期間で対策できるもの」「中・長期間で対策をしていかなければいけないもの」、そして「体力をかけていかなければいけない対策」という3点の項目にレベル分けをして、それを実施していくプランを着実に計画していこうと話をしています。
「短期間で対策できるもの」としては、現状ラグナロクオンラインで取得することができない情報について取得することができるよう対応しています。
例えば問題視されているハエの羽を使ったパケット送信に対して、より多くの情報を取得する仕組みを準備しています。
これにより、不正行為の状況等を踏まえた上で対策を行っていき、また他の情報ついても取得できる情報量を増やした上で、今まで検出ができなかった不正行為に対して証拠を確実におさえて、アカウント停止をしていく対策を考えています。

「中・長期間で対策をしていかなければいけないもの」としては、プログラム自体の改修があります。 こちらは弊社とグラヴィティ社とインカ社の3社が協力して、ゲーム自体に対するプログラム的な部分について、 それぞれが担当する部分を分けながら、弊社でも必要となる情報を蓄積し、各社に提供するということを行っています。

「体力をかけていかなければいけない対策」としては、不正対策に対する特別チームの編成を考えています。
弊社では、運用開始当初、不正対策のミスによりユーザーの皆様にご迷惑をかけた経緯がございます。 そのため、堅実に行っていこうと不正対策のルールをガチガチに固めてきた部分がありますが、今後はある程度緩和したルールを適用して対策を考える特別チームを発足させます。
これはユーザーの皆様に負担を強いる部分が非常に多く、例えば確認のために一時アカウントを停止して、調査・確認の上で停止状態を解放させていただく対応などです。
もちろんこの場合、停止した期間に関しては補償させていただきますが、皆様のご理解をいただいた上で対応を取っていこうと、現在ルールの改定をしています。
第5回 質問 不正ツール対策については、「いたちごっこ」というより後手ではないですか?
回答 現在のラグナロクオンラインのプログラムを全て改変するということができれば、後手ではなく先手をうつことができると思います。
しかし、我々は起きた事象に対して、なぜ起きたのか原因を追究した上で対策を行うという側面があるため、後手に回ってしまっていると思います。
第6回 質問 他社MMOでは新規登録時の無料期間プレイ時の機能制限(転職の制限、所持金上限、取引制限)の実装)やPC登録システム(事前に登録したPCからのみ接続可能)を実装しています。 今後それらの機能を実装する予定が有るかどうか、お答え下さい。
回答 ご指摘いただいた無料プレイ期間中の機能制限やパソコン登録システムにつきましては、実装可能であるかどうかを含め、開発元であるグラヴィティ社と協力して検討いたしております。 なお、無料プレイ期間となるフリープレイチケットについては、不正ツール使用キャラクターに悪用されている事実を把握しており、はじめてラグナロクオンラインをご利用になるユーザー様への新たな施策を検討したうえで、廃止する方向で検討を進めております。 無料プレイ期間中の機能制限やフリープレイチケットに関する詳細な内容について、お知らせできる段階になりましたら改めてラグナロクオンライン公式サイトでご案内させていただきます。
第6回 質問 不正ツール利用キャラクターがいることによって、一般ユーザーの狩りに影響が出てたり、ゲームが成立しない、ものが売れない、という問題があると思います。現在はゲーム内でダンジョンに入るときなどは、一部のダンジョンを除いてただ入り口としてワープポイントがあり、何のステップもなく入ることができますが、NPCと会話することでダンジョンに入ることができるように変更することを検討していただけませんか?一般ユーザーとっては若干ステップを踏む必要はありますが、特にやる気や楽しみを減らすということにはならないと思います。ゲーム仕様としても多分いいと思いますし、不正防止にも多少はなるかと思いますので、ダンジョンに入るときにステップを踏むためのNPCを設置することについてはいかがでしょうか?
回答 グラビティ社にゲーム内でダンジョンなどに入る場合にNPCを設置し、会話などの簡単なやり取りを追加するといったご要望をお伝えし、楽しめる要素を含めた、不正対策や注意勧告などにつながるゲーム内システムの実装に取り組んでいただくようにお伝えします。

「動画の撮影」について
第6回 質問 現在ユーチューブやニコニコ動画など動画配信サイトが多数ありますが、それらの動画配信サイト上での動画公開の許可を検討されているかについて質問させていただきます。また、撮影されるキャラクターが、仲間内などで許可が取れた場合はどうでしょうか?
回答 ユーザー様がゲーム内の動画を撮影し公開したいとのご要望に関しましては、他のお客様のキャラクター名や発言内容などが映ってしまう可能性があります。静止画であればある程度修正が可能ですが、動画に関しては、動画撮影禁止というスタンスを発表した時点では非常に難しい状況であったため、他のユーザー様のことを配慮した結果、動画の公開はご遠慮くださいというスタンスでおります。しかしながら、昨今では動画配信サービスも拡充されておりますので、今後も現状のポリシーでいくのか、ユーザー様のご要望に応じて、動画の公開の可能とするのかを検討させていただきたいと考えております。現時点では、動画の配信に関しては様々なケースが考えられますので、今までのポリシーと同様に、動画の公開はご遠慮いただきたいというスタンスでございます。

Trackback URL


Comments

Comment form