<< Lineage2版キャラクタークエリが欲しい | main | リネージュ2署名運動 NCJ本社を訪ね要望書を提出する >>

2008.03.14 Friday

MHF 冤罪BAN問題で返金を受けるユーザー現れる

 1月半前に取り上げた、モンスターハンターフロンティアの冤罪によるアカウント停止処分問題。
 昨年12月7日の事件発生から3ヶ月が経過しますが、現在も解決に向けユーザーの方々が動いています。
 以前とは異なり、運営側の不当な対応に無き寝入りするユーザーが減ったと感じています。

 MHF冤罪BANまとめサイト情報交換用BBSを抜粋します。既に支払い済みの利用料を返金させた話です。
[70]返金交渉成功 名前:せんたろう◆lBoylAtD7 投稿時間:2008-02-15 22:44:22
クレジット会社経由でダレットより強制的なチャージバック(返金)の連絡をいただきました。
10月のBANで問い合わせメールの返事待ち等によりクレジットカード会社へアクションを開始したのが10月末でした。
実に4ヶ月近くかかりました><
私が争ったのは一方的なサービスの停止であるため受けてないサービスについてはは払えない旨です。クレジットカード会社に相談し、その件について、調査していただきました。
クレジット会社は中立的立場になりますので再三ダレット側(カプコン)に私に対して今回の件の納得のいく説明をするよう取り次いでくれようとしましたがダレット側(カプコン)はのらりくらりと時間を稼ぐばかりでした。(クレジットカード会社へは私にMHFサポートへ電話をかけるよう案内するのですがいざ私がかけると説明などまったくなく電話口でのテンプレ回答のみでした。それをクレジット会社に説明すると、それでももう一回掛けて下さいその繰り返しがが3回(それだけで1ヶ月ちょっとかかった)ありました。)クレジットカード会社もそれでは埒が明かないので期限付きで私へ直接電話でのまともな回答がない場合は強制的にチャージバック手続きに移りますよという話をし、私は電話を待ちましたがその日を過ぎてもカプコン側から電話が来ることはありませんでした。以上の経緯でクレジットカード会社がダレット側にチャージバック手続きをし返金となりました。ちなみにクレカ会社からの連絡だけで返金には少し時間がかかるようです。
冤罪BANをうけた人の中には返金では納得できない人(私も納得はしてませんが)もたくさんいらっしゃると思いますが、現在の冤罪BANのひとつの成果として参考にしていただければと思います。
何よりもモチベーションの維持ががすごく大事と感じました

 クレジットカードでの購入でしたので、カード会社を経由し利用料の返還を受けられる模様です。
 トラブルの際のこういった対応は、クレジットカードの利点ですね。

 MHFの冤罪問題、まだまだ動きがありますので紹介していきます。


 最後に例によって注意書きを。本当に冤罪に合われた方は気を悪くされると思います。申し訳ありません。

 ※注意※
 冤罪BANと規約違反のBANの違いを一般ユーザーが見分けることは、極めて困難です。
 RMT業者は、BANの際には冤罪を主張するようにとの指示を行っています。
 一方で、冤罪による被害者がいるのも事実です。
 閲覧者の皆様におかれましては、その点にご配慮頂けますようお願い致します。

Trackback URL


Trackbacks

モンスターハンター ポータブル2nd G で徹ゲーだ

Comments

Comment form