2007.01.02 Tuesday

「オンラインゲーム運営ガイドライン」制定・施行へ

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、12月25日に加盟オンラインゲーム運営会社における遵守事項を取りまとめた「オンラインゲーム運営ガイドライン」を制定・施行することを発表しました。

プレスリリース
CESA加盟のオンラインゲームサービス提供会社における遵守事項を
まとめた「オンラインゲーム運営ガイドライン」制定・施行へ


主な内容は、次のとおりです。
●オンラインゲーム運営事業者に対し、必要最低限の規範となる項目をまとめたガイドラインを制定。
●ガイドライン実施は平成19年1月1日より施行。
●各運営企業がオンラインゲーム初心者向け各種説明項目の整備・提示を行うことを明文化。
●オンラインゲームにおける不正行為を各運営企業が事前に定義し、対応することを明文化。

 本ガイドラインの制定により、ユーザーはメーカーの運営意向やゲームの性質を理解した上で、オンラインゲーム毎のルールに基づきゲームプレイに臨むことができ、メーカー・ユーザーが双方で良好な環境を構築することで、ユーザーが快適にプレイできるようになると期待する次第です。

と、まとめられていましたが、すでにユーザーとのトラブルが多発している運営会社が、今後どのような方策で対応していくのか興味深いです。

 
 残念なことに、不正ツール等の「不正」問題については、運営会社はユーザーに不正の定義を明示すること。また、不正行為については、各運営会社の判断に対応方法は委ねるとなっており、業界が統一した意思を持って不正問題に取り組むわけでは無い模様でした。
1/1