2008.06.17 Tuesday

「不正ツールを使用してても、熱意があればBAN解除」 カプコン、MHFの迷走

 こんにちは、さくっちです。最初からラグナロク以外の記事ですいません。

 モンスターハンターフロンティア(MHF)の冤罪アカウント停止(BAN)騒動。
 過去から数回取り上げていますが、進展した模様です。(メールで情報を頂きました)

 「アカウント停止措置の判断は間違っていなかったが、停止措置を解除する」
 「ユーザーの考えや意見、不正行為を行なっていないという主張、お楽しみ頂いている熱意が解除基準」

 
 という、なんとも酷いことになっています。

 「不正ツールを使っていたが、MHFに対する熱意を運営に話したらアカウント停止が解除されました!」

 メールで情報提供して下さる方等は異なると信じていますが、上記の様な事例もありそうです。
 実際に、いくつかのRMT業者は利用者に対し「冤罪を主張するように」との指導を行っています。
 お客様の熱意と主張を基準にするのであれば、今後の不正対策には殆ど期待を持てなくなります。

 そして、今回のカプコンが行っている対応で最も問題なのは次の点です。

 「冤罪でアカウント停止処分となったユーザーの名誉回復が一切行われていない」
 「お前たちは不正ツールを使ったユーザーだけど、熱意に免じて停止を解除してやる」


 アカウント停止処分に間違いが無いとカプコンは主張しているのですから、当然のことです。
 運営会社はこう言っている訳です。実際に冤罪の方々は、この対応にどう思うのでしょう。


 冤罪事件が度々騒がれるラグナロクオンラインでは、過去に公式で正式に冤罪を認め謝罪した例があります。
 資料:「Zeny不正取得行為」を行ったユーザー様への措置について(RO公式告知ログ)

 アカウント停止の判断に誤りが無いのであれば、いかなる理由があるにせよ解除すべきではありません。
 逆に、判断が誤りであったのであれば、正式に謝罪し名誉を回復すべきです。

 今回カプコンが行おうとしている冤罪への対応は、将来に禍根を残すと言わざるを得ません。
 不正者が、不正ツールを使っていますと素直に認める訳がありません。

 そろそろ半年となるMHFの冤罪騒動ですが、決着は当分先へ持ち越しとなりそうです。
 
 以下は、MHFサポートセンターが冤罪を主張されているユーザーに宛てたメールの写しです。
 
続きを読む>>

2008.03.23 Sunday

MHF 冤罪を主張するユーザーに対し、調査依頼のメールを送る

 こんばんは、さくっちです。掲載が遅くなり、情報提供者の方にお詫びします。

 昨年12月の不正ツール使用者に対するアカウント停止処分の冤罪騒動、そろそろ4ヶ月になりますが、未だ決着を見ないまま経緯している模様です。冤罪被害者の方々の訴えが実ることをお祈りしています。

 この解決していない事件に対し、運営会社のカプコンでは下記の様な調査を行っている模様です。
 内容は、実際に冤罪を主張されている方より提供のあったものです。
 こちらはモンスターハンターフロンティアサポートセンターです。

お客様におかれましては、MHFのサービス永久利用停止措置とさせていただいております中、誠に恐縮ではございますが、お客様のパソコン環境について調査を行なわせていただきたくメールを差し上げます。

現在、アカウント盗用やスパイウェア、ウイルスの悪影響により、お客様が意図しない状態にて、MHF内で不正行為と判断される動作を行なっている可能性をご指摘・お問い合わせいただくケースが増加しており、弊社としましても該当する状況に再度重点的な調査を行なわせていただきたいと考えております。

お手数をお掛けいたしまして誠に申し訳ございませんが、下記の項目をメールに返信いただく形でご回答いただき、調査にご協力いただければ幸いです。

長文となりますが、各種文章作成・閲覧ソフトウェアの環境の差異を考慮し、メール文面内に質問を記載させていただく形と致しております。何卒ご了承ください。

なお、事実と異なる回答を記述いただいた場合、もしくは推測で回答を記述いただいた場合、調査を行なうにあたり、日時を要する場合や、正確な調査を行なえない場合がございます。ご不明な項目については、わからないとご記載ください。

ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 冤罪の訴えが認められた訳では有りませんが、再度重点的な調査を行うとのことです。

 「アカウント盗用やスパイウェア、ウイルスの悪影響により、お客様が意図しない状態にて、MHF内
 で不正行為と判断される動作を行なっている可能性をご指摘・お問い合わせいただくケースが増加」


 というのは、他人事ではありません。他のゲームを利用されている方も、十分に注意して下さい。

 具体的な設問は、下記のとおりです。
■質問01 お客さまのパソコン環境をお教えください。

※DirectX診断ツールに表示される内容を保存し、返信メールに添付してお送りください。
下記URLのページ下部「DirectX診断ツールから確認する場合 」に使用方法の一部を掲載いたしております。ツールの「情報をすべて保存する」ボタンにて、お客様のパソコン環境情報を保存し、メールに添付してください。
http://www.mh-frontier.jp/trouble/ans_06.html

■質問02 良くご利用になるソフトウェア名をできる限りご記載ください。

■質問03 パソコンの起動時に実行される常駐ソフトウェアをすべてご記載ください。
       (Windowsのタスクバー内、右部に存在するアイコンにて確認することが可能です。)

■質問04 インストールされているソフトウェアで、動作中にインターネットに通信を行なう
       ソフトウェアがございましたらわかる範囲でご記載ください。
       (自動更新プログラムなどが付属されているソフトウェアもご記載ください。自動更
       新プログラムをお客様にてOFFにするなど、通信を行なわないように設定されている
       場合は記載いただく必要はございません)

■質問05 MHFをプレイされていた際に、同時に起動していたソフトウェア等がございましたら、
       ご記載ください。(例:セキュリティソフト・メッセンジャーなど)

■質問06 MHFをプレイされていたパソコンがウイルスやスパイウェアに感染した経験がござい
       ましたら、感染した時期、ウイルス名をご記載ください。
       (ウイルス名がわからない場合は、ウイルスの種類をご記載ください。種類も不明
       な場合は「ウイルスの詳細についてはわからない」とご記載ください)

■質問07 定期的にWindowsのアップデートやウイルス対策ソフトなどのアップデートにより最
       新の状態を維持していますか? はい、もしくは、いいえでご記入ください。

■質問08 nProtectのerlファイルを返信メールに添付してお送りください。
       (お客様のパソコンのウイルスやスパイウエアの感染について何らかの記録が残っ
       ている可能性があります。その確認作業を送っていただいたerlファイルより行なわ
       せていただきます。)

■質問09 MHF以外のソフトウェアが、エラーや強制終了を頻発することがございましたらご記
       載ください。
       また、エラーメッセージを正確に記録されていた場合は、あわせてご記載ください。

■質問10 ハードウェアの故障の経験がある場合、その時期や機器の名称、故障内容をご記載
       ください。

■質問11 「MHFをプレイする際に便利なソフトだ」という理由などで、MHFに関するツールを使
       用したことはありますか?また、その入手元や入手されたサイトをご記載ください。
       (例:HP表示ツール・スキルシュミレータなど)

※この回答をもって、永久利用停止を解除する、もしくはしないといったことはございません。
 正確にご記載いただきますようお願い申し上げます。

■質問12 閲覧されるMHFファンサイト名と、そのURLをご記載ください。

■質問13 ダレットIDやパスワードを何らかの形でお客様ご自身以外の第三者に教えた経験や
       容易に知られうる設定、管理方法であったということはありますか?
       また、お客様ご自身以外の第三者が、お客様のダレットIDやパスワードをご存知だ
       った場合、その相手はお客様とどのような関係の方でしょうか?
       複数人いらっしゃる場合は、お手数ですが全てご記載ください。

■質問14 パソコンを現在他の方と共有されていたり、過去に共有した経験はありますか?
       また、共有されている方のパソコンの主な使用用途をわかる範囲でご記載ください。

■質問15 上記の項目以外にお客様のパソコン環境下にて特殊な設定などを行なっている要素
       があればご記載ください。

 なかなか細微に渡る内容です。
 アンケートの結果を生かし、冤罪問題の解決と発生の抑止をお願いしたいものです。

2008.03.14 Friday

MHF 冤罪BAN問題で返金を受けるユーザー現れる

 1月半前に取り上げた、モンスターハンターフロンティアの冤罪によるアカウント停止処分問題。
 昨年12月7日の事件発生から3ヶ月が経過しますが、現在も解決に向けユーザーの方々が動いています。
 以前とは異なり、運営側の不当な対応に無き寝入りするユーザーが減ったと感じています。

 MHF冤罪BANまとめサイト情報交換用BBSを抜粋します。既に支払い済みの利用料を返金させた話です。
[70]返金交渉成功 名前:せんたろう◆lBoylAtD7 投稿時間:2008-02-15 22:44:22
クレジット会社経由でダレットより強制的なチャージバック(返金)の連絡をいただきました。
10月のBANで問い合わせメールの返事待ち等によりクレジットカード会社へアクションを開始したのが10月末でした。
実に4ヶ月近くかかりました><
私が争ったのは一方的なサービスの停止であるため受けてないサービスについてはは払えない旨です。クレジットカード会社に相談し、その件について、調査していただきました。
クレジット会社は中立的立場になりますので再三ダレット側(カプコン)に私に対して今回の件の納得のいく説明をするよう取り次いでくれようとしましたがダレット側(カプコン)はのらりくらりと時間を稼ぐばかりでした。(クレジットカード会社へは私にMHFサポートへ電話をかけるよう案内するのですがいざ私がかけると説明などまったくなく電話口でのテンプレ回答のみでした。それをクレジット会社に説明すると、それでももう一回掛けて下さいその繰り返しがが3回(それだけで1ヶ月ちょっとかかった)ありました。)クレジットカード会社もそれでは埒が明かないので期限付きで私へ直接電話でのまともな回答がない場合は強制的にチャージバック手続きに移りますよという話をし、私は電話を待ちましたがその日を過ぎてもカプコン側から電話が来ることはありませんでした。以上の経緯でクレジットカード会社がダレット側にチャージバック手続きをし返金となりました。ちなみにクレカ会社からの連絡だけで返金には少し時間がかかるようです。
冤罪BANをうけた人の中には返金では納得できない人(私も納得はしてませんが)もたくさんいらっしゃると思いますが、現在の冤罪BANのひとつの成果として参考にしていただければと思います。
何よりもモチベーションの維持ががすごく大事と感じました

 クレジットカードでの購入でしたので、カード会社を経由し利用料の返還を受けられる模様です。
 トラブルの際のこういった対応は、クレジットカードの利点ですね。

 MHFの冤罪問題、まだまだ動きがありますので紹介していきます。


 最後に例によって注意書きを。本当に冤罪に合われた方は気を悪くされると思います。申し訳ありません。

 ※注意※
 冤罪BANと規約違反のBANの違いを一般ユーザーが見分けることは、極めて困難です。
 RMT業者は、BANの際には冤罪を主張するようにとの指示を行っています。
 一方で、冤罪による被害者がいるのも事実です。
 閲覧者の皆様におかれましては、その点にご配慮頂けますようお願い致します。

2008.01.28 Monday

モンスターハンターフロンティア(MHF) 冤罪BAN騒動のその後

 こんばんは、さくっちです。過去に「モンスターハンターフロンティアで、冤罪BAN騒動?」で紹介した件の続報です。
 例によって事前に注意書きを。本当に冤罪に合われた方は気を悪くされると思います。申し訳ありません。

 ※注意※
 冤罪BANと規約違反のBANの違いを一般ユーザーが見分けることは、極めて困難です。
 RMT業者は、BANの際には冤罪を主張するようにとの指示を行っています。
 一方で、冤罪による被害者がいるのも事実です。
 閲覧者の皆様におかれましては、その点にご配慮頂けますようお願い致します。

 MHF冤罪BANまとめサイト情報交換用BBSでは、1名のユーザーが訴訟に踏み切った旨の報告がありました。
[30]謹賀新年 名前:高速通過者 投稿時間:2008-01-04 09:30:56
(略)
さて、2chの冤罪スレッドなどにおいて
裁判所に赴いたことを証明するように要求している内容が見受けられますが
本日も先ほど弁護士並びに簡易裁判所担当執務官に確認をいたしましたが
原則、申立書受理の写しをネット上などで公開することは好ましくない、
(ただし、罰則があるわけではない)
とのご判断をいただいております。
よって、アプロダなどに対して、無条件での情報公開を行うことはありませんが
やはり、関係・無関係にかかわらず進捗が不透明で不安な方もおられると思いますので
どうしても行動の内容を確認したい場合、メールアドレスを転記いたしましたので
そちらに対し、連絡先を明記の上、開示請求という形でご連絡いただければと思います。

[45]経過報告 名前:高速通過者◆Ys7ZIwbzW 投稿時間:2008-01-19 19:39:59
大変遅くなりましたが経過報告いたします。
本日、簡易裁判所より呼出状が到着いたしました。
経過として次回進展があるのは2月中旬になります。
関係各位並びに応援していただいている方々には
進捗が遅く、やきもきさせて申し訳ありませんが
もとより進捗は遅いものですので
なにとぞご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 内容証明を送ったユーザーさんは、現在のところ上の方を含めて4名との報告になってました。
[12]報告 名前:蔦◆ebKjMruH2 投稿時間:2007-12-15 00:59:57
サポートからの動きはこれ以上期待できないと判断して
今日、行政書士に内容証明の件で正式に依頼しました。

[28]内容証明送りました。 名前:kayo◆t4iac0Ly2 投稿時間:2007-12-23 11:18:19
私も、高速通過者さんに続いて、内容証明送ってみました。

[39]報告 名前:catsu 投稿時間:2008-01-14 03:05:58
遅くなったけど、やっと内容証明送りました。

 今回の騒動は、1月4日には「カプコンオンラインゲーム アカウント停止「冤罪」騒動」としてJ-CASTに掲載された点や「署名運動サイト」も出来るなど、運営側の措置に納得のいかないユーザーが多い模様です。

 MHF冤罪BANまとめサイトを見ますと、一連の発端となる2007年12月7日から2ヶ月になろうとしています。
 運営会社であるカプコンも事態の収拾を図るべく動いてはいるようですが、未だ決着は見えていない様です。

 冤罪であるにしろ無いにせよ、多くの運営会社に共通して言えることがあります。
 それは「説明責任を果たさない」「情報開示を殆ど行わない」ということです。

 消費者であるユーザーの要求が過度な場合も多々あります。本当に酷い要求も多いと感じています。
 ですが、アカウント停止処分は一方的な契約破棄と同義です。一方的に契約を破棄し、その理由は自分の胸に聞いてみろと言うような、一切の説明を拒否するかの様な対応が多いことが、冤罪BAN騒動を多くのゲームで引き起こす根本的な原因だと思います。不正対策と情報開示、両立は難しい点もあると思いますが善処して頂きたいものです。

 これからも、MHFの冤罪BAN騒動の動向は注意して見守って行こうと思います。
 

2007.12.21 Friday

モンスターハンターフロンティアで、冤罪BAN騒動?

 こんにちは、さくっちです。旅行の疲れが抜けず、記事を書く気力が・・・・・・

 カプコン社が運営する「モンスターハンターフロンティア」で、冤罪BAN騒動が起こっている模様です。
 ソース元:MHF冤罪BANまとめ(@Wiki)

 以下は、ソース元より引用する概要になります。

 ※注意※
 冤罪BANと規約違反のBANの違いを一般ユーザーが見分けることは、極めて困難です。
 RMT業者は、BANの際には冤罪を主張するようにとの指示を行っています。
 一方で、冤罪による被害者がいるのも事実です。
 上記の事項を踏まえた上で、考えて頂けますようにお願いします。
現在解っている大まかな流れ

2007年9、10月 以前からちらほら噂になっていた冤罪BANが
大量摘発に伴い話題になりはじめる(いわゆる秋のBAN祭り)

2007年12月7日 エラー落ちやログインできないことでBANされたと気付き、
メールボックスを確認すると運営より7日21時50分前後のタイムスタンプでアカウント永久利用停止とのメールが届いていた、
という状態に多数のユーザーが陥る

同日 公式BBSに冤罪BANされたと言う内容の書き込みが相次ぐが全て数時間以内に削除される
(翌、8日の朝まではアカウントが凍結された状態でも公式掲示板に書き込み可能だった模様)
「2ちゃんねる」で公式同様の書き込みが相次ぎ、大量誤BANらしいということが話題になる

2007年12月8日 2chのログ保存や、この件についての情報をまとめる目的で「MHF冤罪BANまとめ」作成

2007年12月11日 公式がこの問題について運営レポートで回答12/11(火)運営レポートログ

回答が出たものの何ら進展が無く、非当事者のユーザーにも不安が広がりつつあり
IRCなどではさらに活発に意見や行動報告などが交わされるようになる

2007年12月18日 相変わらず公式にこの件での問い合わせが多数よせられているとの報告12月18日(火)運営レポートログ

「オンラインゲームのアカウントを身に覚えがないのに突然停止された。事業者は電話での問い合わせに応じない。」
MHF限定かは定かではないものの、国民生活センターへの相談件数が急増している模様 国民生活センターHPより
 
1/1