2007.04.30 Monday

BOT露店不買運動 in Tiamet のおしらせ

 こんにちは、さくっちです。昨日は、家族サービスをしてました。連休も始まったばかりですね。

 既に、様々なブログでもアナウンスがありますが、明日5月1日ラグナロクオンラインTiametサーバーにおいて、BOT露店不買運動のデモ?の様なものが行われます。主催は、BOT露店不買運動 in Tiametの管理人の方です。

以下、転載になります。

●目的
Tiaサバの不買運動をさらに盛り上げ、より多くの方にこういった活動があることを知ってもらう。

●やり方
特定の場所にみんなで1列に並んで、露店やチャット看板を出す。

●場所
プロンテラ噴水南〜十字路への道。
座標としては(160,160)付近です。
画像も用意しましたので参照してください。

↓マップ
tia不買運動会場

●看板に書く言葉
不買運動をしていることを伝えるような言葉が良いと思います。
「BOT露店不買運動中」「BOT露店からは買わないよ」「不買してBOTを締め出そう」等。

●日時
5月1日(火)のメンテ明け〜5月2日(水)0時あたりまで。
各人の都合のつく時間帯に開始/終了してください。

●参加資格
1.BOTが嫌いな人
2.キャラクターを置いている間の電気代を確保できる人

●諸注意
1.BOT露店による枝折りが予想されます。寝転んでも泣かない。
  できる限りプロンテラでセーブしておくと良いでしょう。
2.看板の文字は、あまり過激にならないようにしましょう。
  見る人に不快感を与えてしまっては、目的に反してしまいます。
3.BOT露店が不買看板を出すこともあります。
  枝等での排除は、人が密集する分、結構な被害が出ますので、看板で注意を促す程度が無難かと思います。
  矢印を使って「↑BOT露店です」等の文字を書く場合は、周りの人に誤解を与えないように注意しましょう。
  不買看板は、決して免罪符ではありません。
4.チャット看板を出す場合は、誤入室防止のため非公開にしましょう。
5.看板を出す際は、見易さを考慮し、周囲の人と1セルずつくらい空けましょう。

2007.04.28 Saturday

米国におけるオンライン賭博の動き

 こんばんは、さくっちです。GWですが、みなさま如何お過ごしでしょうか?

 「UIGEA」という単語をご存じでしょうか?
 これは、昨年米国で成立した「オンライン賭博禁止法(Unlawful Internet Gambling Enforcement Act)」の略称です。

 この法律は、「米国外に拠点を置く」賭博サイトに対して銀行やクレジットカード会社が決裁を行うことを規制しています。また、現在存在している「Wire Acr」と呼ばれる電話での賭博を禁じる法律の適用範囲を拡大し、あらゆる形のオンライン賭博を禁止する内容となっています。(ただし、許可を受けた宝くじと競馬は除く)
 ソース元:インターネット賭博規制法案、米下院を通過(japan.internet.com)
       米国上院銀行委員会、オンライン賭博禁止法案を可決(japan.internet.com)  

 結果、オンライン賭博が大幅に減少している模様です。
 ソース元:今年のスーパーボウルは、オンライン賭博がめっきり下火に(japan.internet.com)  

 一方、新たに施行されたこの法律の「米国外に拠点を置く」という項目が著しく不公平であり、自国の賭博業界を守るものというEUを含む諸外国の批判もあります。

 そして、4月26日米国内でのオンライン賭博を合法化し、許認可制とする法案が下院に提出されました。
 ソース元:米下院議員、米国内でのオンライン賭博を合法化する法案を提出 

 各々の詳しい内容については、ソース元をお読み下さい。


 日本では、全面的に禁止されているオンライン賭博ですが、国外では真剣に議論されている模様です。
 今回取り上げた「UIGEA」ですが、Second Lifeも該当するのではないかといった会話も繰り広げられています。
 現在、国内で展開されている各種オンラインゲームも、非公式とはいえRMTを利用することにより、賭博と似たような状況も繰り広げられています。海外では真剣に討論されていますが、国内では一向に議題に上がっていません。
 難しい問題とは思いますが、事態は徐々に日本でも表面化しつつあります。出来るだけ早く、今後の対応について検討する場を設けるべきではないでしょうか。
  
 後日、Second Lifeがオンライン賭博と関係してくるか否かという話題についても、紹介したいと思います。

2007.04.28 Saturday

ゴールデンウィーク中の更新について

 こんばんは、さくっちです。

 4月26日から5月6日までの10日間、ゴールデンウイークということで休暇を頂きました。
 リアル側の都合なのですが、旅行等に出かけるためこの期間の更新は不規則になります。

 全く更新を行わない訳ではありませんが、通常夜に行っている更新が昼になることや、お休みの場合もあります。
 
 出来る限り更新を行おうとは思いますが、あらかじめご了承下さい。

2007.04.27 Friday

アクセシビリティに配慮した公式サイト

 こんばんは、さくっちです。実家への移動で精根尽き果てたので、軽い内容で。

 各種公式サイトは、いわばそのゲームのインターネットでの顔に当たります。会社の公式サイトであれば、その会社の顔となるものです。そのため、公式サイトには伝えなければならない重要な情報や、企業が伝えたい情報を掲載することが多くなります。

 一方、利用者にとっては必要な情報がすぐに取得できる構成が望ましいものと考えられます。
 特にそれが重要な情報であればあるほど、出来るだけ速やかに取得できる公式サイトを求めます。

 企業が伝えたい内容と、利用者が欲している内容には差があることが理解して頂けると思いますが、このたび各オンラインゲームの公式サイト最初のページの状況について確認を行ってみました。

・トップページに重要項目・メンテナンス情報・障害情報等が表示されるゲーム
 リネージュ  http://lineage.plaync.jp/
 リネージュ http://lineage2.plaync.jp/
 スカッとゴルフ パンヤ http://www.pangya.jp/
 マビノギ http://www.mabinogi.jp/
 ノーステイル http://www.nostale.jp/
 ローズオンライン エボリューション http://www.roseon.jp/
 ベルアイル http://www.belle-isle.jp/
 アスガルド http://asgard.nexon.co.jp/
 エミル・クロニクル・オンライン http://www.econline.jp/
 ファンタジーアースゼロ http://www.fezero.jp/
 大航海時代 Online http://www.gamecity.ne.jp/dol/

・トップページに重要項目・メンテナンス情報・障害情報等が表示されるが、見にくいゲーム
 ファイナルファンタジーXI http://www.playonline.com/ff11/index.shtml
 ※インフォメーションがページ最下部にあったため。

・トップページに、重要事項が告知されておらずリンクで他ページへ誘導を行っているもの
 ラグナロクオンライン http://www.ragnarokonline.jp/
 テイルズウィーバー http://www.talesweaver.jp/beginner/
 REDSTONE http://www.redsonline.jp/
 メープルストーリー http://maplestory.nexon.co.jp/


 上記のような結果となりました。多くのゲームでは、利用者の利便性を考えトップページにお知らせやメンテナンス情報、障害情報等を掲載しています。これは、アクセシビリティに配慮し顧客の要望を満たす良い構成だと思います。

 一方、いくつかのゲームでは重要な情報を表示せず、新規ユーザーの獲得に力を入れたサイト構成を行っているものがあります。既存の利用者が、何らかの情報があればと公式サイトを見た際にすぐには確認できず、データが表示されている先のリンクを探さなければなりません。
 新規ユーザーを獲得したいことは理解できますが、既存ユーザーの利便性にも配慮して頂きたいものです。


 公式サイトを見ることで、各ゲームがどの程度利用者に対する取り組みを行っているかを垣間見ることが出来ると思います。お暇な時間がありましたら、上記の各ゲームの公式サイトを比較してみると面白いと思います。

2007.04.26 Thursday

RLOによる拡張子偽造対策とファイル内容の確認

 こんばんは、さくっちです。もう一件、セキュリティ関係の記事です。

 今日、CHAOS-BOT情報局★Sの結花さんが記事で取り上げていた内容と同じですが、WindowsXP以降(XP,2003,Vista)で拡張子を偽装する方法とその対策方法が紹介されていましたのでお知らせします。

 ・白角堂の徒然記 RLOでの拡張子偽装に注意(ウィルス対策)
 ・Winnyネットワークはやっぱり真っ黒,NTTコミュニケーションズの小山氏に聞く(日経BP)
 ・Winnyネットワークに広がるRLO利用の拡張子偽装手法(Slashdot) 

 拡張子って何?という質問は、後日の記事をお待ちください
1/7 >>